イーラーニング研究所が発行している本を読んでeラーニングが何かを学ぼう

イーラーニング研究所は4つの書籍を発行しています。
それぞれ社長もしくは顧問が書いたもので、どれも教育に関わる内容となっています。
eラーニングはもちろん、アクティブラーニングに関するものもありますよ。
今回は、イーラーニング研究所が提供している各書籍について紹介します。

『小学校にプログラミングがやってきた! 超入門編』
発売日 2016年11月30日
プログラミングに関する本ですが、これを読む対象は教師になります。
子供たちにプログラミングを教えるには、
まず自身がプログラミングの知識とスキルを獲得する必要があり、
これはそのための本になります。
超入門編と少し意味不明なことが書かれていますが、
プログラミング初心者が安心して学べる内容になっています。

『明日必ず学校に行きたくなる アクティブ・ラーニングが日本の教育を変える』
発売日 2015年11月24日
現在の日本の教育界について、および、社長の熱き想いがこの1冊に込められています。
今の正解主義の教育では世界に通用せず、もっと革新的な教育が必要と、
この本にて述べられています。
また、イーラーニング研究所が提供している商品もちゃっかり紹介していますよ。

『eラーニングが変える学びのカタチ』
発売日 2013年6月14日
こちらもイーラーニング研究所の社長の熱き想いが述べられている本になります。
暗記力重視の日本人にはeラーニングが合うとか、日本語検定や、トマティス理論、
メディカル・ツーリズムなどの専門用語もたびたび出るようです。

『eビジネス最後の盲点』
発売日 2006年4月
教育の水道哲学について社長の熱き想いが載っている書籍です。
ただし、発売日が10年以上も前なので、
この時の常識が通用するとは限りませんので気を付けてください。
eラーニングは常に進歩している分野ですので、なるべく新しい本を読みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です