フォルスクラブのビジネスモデルとマルチ商法の違い

フォルスクラブは時代にあった新しい学び方を提供する会社です。仕組みとしてはインターネットとパソコンやスマートフォンを使って教育を行うといったもので、これにより24時間365日都合の良い時間帯に学ぶことができ、何度でもわかるまで繰り返すことができます。これらはeラーニングとも呼ばれ新しい教育方法として非常に注目されています。フォルスクラブが提供するeラーニングコンテンツは幼児教育から社会人の資格試験対策、また趣味や教養を身につけるといった幅広いものであり必要な料金も格安です。このためフォルスクラブは子どもから大人まで幅広く利用できる教育サービスを提供しており、そのコンテンツの豊富さから学びたいという選択肢も豊富なメリットがあります。

 

フォルスクラブの人気コンテンツとしては幼児向け音感教育脳システムや資格対策シリーズアプリ、小学生向け英語アプリ、恋の英会話ロンドン編、大学入試対策講座などです。コンテンツそのものはまだ少数ですがコンテンツを充実させています。またフォルスクラブの特徴としてはそれぞれのコンテンツを購入するのではなく1つの家族で契約し月額料金を支払うことで1家族契約で5人まで利用することができ、このため子どもだけでなく大人も含めて家族全員でさまざまなコンテンツを利用することができるのが大きな魅力です。料金はスタンダードプランでは税抜きで入会金1万円と月額料金税抜き6,000円。スタンダードプランでは家族5人までそれぞれにIDとパスワードが発行されるのでそれらを利用すれば、フォルスクラブが用意されている教育コンテンツをそれぞれに利用することができます。このようにコストパフォーマンスに優れた教育を受けることが可能です。

 

一方でフォルスクラブで聞かれるのがマルチ商法ネズミ講といったものですが、マルチ商法やネズミ講は利用者が販売すれば何らかの報酬を得られることで、それが1度きりではなく勧誘したフォルスクラブの会員になった人がさらにコンテンツを販売することで何らかの報酬を得られるというものになります。つまり、販売数が多ければ購入したコンテンツの価格以上の収入を得られるといったものです。ネズミ講の場合には販売というよりは単に会員を増やすといったものであるのに対して、マルチ商法は商品の販売を目的としていることが大きな違いになります。一方でマルチ商法は誰かが損をして誰かが利益を得るといったものですが、フォルスクラブではマルチ商法のように誰でも販売員になれるわけではなく有料でお金を支払うことでフォルスクラブの商品を売る権利を獲ることができることです。マルチ商法では顧客獲得に使われる手段ですが、それが誰でも行うことができるわけではないところがフォルスクラブとマルチ商法と異なるところになります。ただ仕組みとしてはマルチ商法に似ていますが、フォルスクラブは厳密なマルチ商法を行っているわけではなく一般的に会員獲得をするために広く使われる方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です