フォルスクラブを作る会社の香港上場の可能性を考える

●フォルスクラブを作る会社が香港上場をする可能性は低い


フォルダクラブを作る会社が香港上場をする可能性があるかないかで言えば、あるということになります。
それではその可能性がどれだけあるのかと言うと、現状では極めて低いと言えるでしょう。
香港上場をしている日本の企業はいくつかありますから、フォルスクラブを作る会社もそれに混じること自体は決して不可能なことではありません。
不可能ではないことと香港上場をする意味があるのかは別問題で、わざわざフォルスクラブを作る会社が香港上場をすることは考えにくいと言えます。
将来的に国際的に展開をしていくことがあっても、現状では香港上場をすることはないでしょう。

●香港上場をするよりもやることがある


フォルスクラブを作る会社がいますべきことというのは、香港の市場に上場をすることではなく、他にたくさんやることがあります。
優れた学習システムであるフォルスクラブを中国でも広めたいという考えのもとで、香港上場を目指すという考え方はありますが、それにしたっていきなり香港で上場をする必要はありません。
むしろ、考え方としては逆のほうが自然で香港でフォルスクラブが広まったところで、更に信用を得るために上場を目指すのであればわかりますが、先に上場をするというのは考えにくいものとなっています。

●上場の基準を満たすのは容易ではない


フォルスクラブ自体やそれを作る会社がどれだけ素晴らしいものであったとしても、上場をするためには様々なハードルを乗り越えなければなりません。
それだけのポテンシャルを秘めている会社だとしても、上場の基準を満たすのは容易なことではありませんから、現状では上場のために力を注ぐというのは時期尚早だと考えられるでしょう。
上場をするメリットというのは大きなものがありますが、今そのために力を注ぐだけのメリットが有るかと言えば疑問符がつきます。
上場のために力を注いで肝心のフォルスクラブのサービスが低下をしてしまうようなことがあれば本末転倒ですから、フォルスクラブを作る会社が香港上場をすることは今のところはないという結論になります。

●近い将来であればありえる話かも


フォルスクラブは正に時代のニーズに合った学習システムであり、この先広く普及をしていくことが予想されます。
これは日本国内にとどまらず、世界全体の流れですから古くから古くからこのような学習システムに力を入れてきたフォルスクラブを作る会社はさらなる躍進を遂げることになるでしょう。
そうなれば世界にどんどんと進出をしていき、海外の市場に上場をすることもありえない話ではありません。
特に香港市場は日本のすぐとなりである中国にあり、文化の面でも日本に似ているところがありますし、市場の規模としても日本の10倍の規模がありますから、そこに参入をしていくのは自然な流れと言えるでしょう。
そうなったときには、フォルスクラブを作る会社が香港上場をすることも現実味を帯びてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です