マルチ商法という言葉の意味とフォルスクラブの信頼性

「どこまでがマルチな紹介販売になるのか」

知人でも友人でも何かの商品を勧められて、それを購入すると紹介販売という扱いになりマルチ商法というレッテルが貼られる事があります。フォルスクラブでは、このような販売形式はもちろん扱っていませんので安心して利用できます。
何かと良いイメージがないのがこのマルチ商法というワードですが、世の中の様々な事象がある意味でマルチ商法と言えるのではないでしょうか。例えば女性同士の会話で「あそこの美容院は腕が良いからあなたにもおすすめだよ」、という流れでもマルチ商法かも知れせん。また男性同士の会話なら「フォルスクラブという店名のキャバクラに可愛い娘がいたからおすすめ」、といった物でもだめなのでしょうか?多様にサービスを展開しているフォルスクラブでも、さすがにキャバクラの展開はしていませんのでそこは残念ではありますが、1つの事例として取り上げるべき事ではあるでしょう。

「言葉の意味をしっかり理解する事が大事」

日本語には様々な解釈の仕方がありますが、マルチ商法という言葉の意味や本質を良く理解していないという場合もあります。例として某有名エアコン会社の「マルチエアコン」という商品がありますが、この商品を販売する戦略の事をマルチ商法と呼ぶ事も問題ありません。
現在はテレビや雑誌をはじめ、インターネットなどでのマルチメディア戦略が商品販売のマーケティングには不可欠ですが、人によってはこのマルチメディア戦略の事をマルチ商法と捉えている方もいるかも知れません。
ちなみにフォルスクラブではエアコンの販売は行っていませんので、エアコンの購入なら専門店に依頼する事がおすすめの方法です。

「報道からも起こりうる勘違い」

ここで話題は少し変わってアメリカ大リーグの話しになりますが、メジャーリーグでは1人の選手が1試合で複数のヒットを打つ事をマルチヒットと言います。日本では昔から3本のヒットを打った選手に対して猛打賞という物を提供していましたが、近年ではメジャーリーグに習ってマルチヒットという文化が定着しています。
もし大リーグや日本の球団に「フォルスクラブライオンズ」のようなチーム名があって、そのチームのマルテ選手(阪神には実際に存在する選手名です)が複数安打を打ったらどうでしょうか。新聞や報道などでは、「フォルスクラブのマルテがマルチヒット」などという表記となってくるでしょう。ちなみにフォルスクラブはプロ野球チームは持っていませんのでフィクションの話です。

「先入観をなくして自然体で学んでいく」

フォルスクラブが安心して利用できる企業である事はもちろんですが、世の中には言葉を正しく理解していないケースがあるという事も事実です。先入観をなるべく無くした上で、マルチ商法とはどんな意味をなすのか、マルチなメディアミックスとはどう異なるのかなどをきちんと把握して、正しい物事の本質を知っておく事が大事となってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です