フォルスクラブで使えるクレジットカードと仮想通貨

クレジットカードで支払えるフォルスクラブ

フォルスクラブのサービスは、月額定額制です。
毎月一定の料金を支払う必要があり、主にクレジットカードを使う利用者が多いとされています。
クレジットカードはカード自体は手元にありますが、支払うお金は目に見えるわけではありません。
あとから届いた請求書を見て、これだけ使っていたのかと戦慄した人もいるでしょう。 
目に見えないお金として近年話題になっているのは、仮想通貨です。
仮想通貨もクレジットカードも目に見えないお金なので同じと思いがちですが、実際には全く違うものです。
フォルスクラブの料金を支払うクレジットカードと、世界樹で話題の仮想通貨における違いについてはしっかり把握しておきましょう。
しっかりと把握できれば、仲間内で仮想通貨の話になったときにも恥をかくことはありません。

クレジットカードと仮想通貨の違い

クレジットカードと仮想通貨で最も違うのは、発行者がいるかいないかです。
フォルスクラブの支払いで使っているクレジットカードは、信販会社が発行しています。
普段から使っている現金も日本銀行が発行しており、どちらも管理する会社や銀行があると言えます。
しかし仮想通貨というのは、中央で誰かが管理しているわけではありません。
マイニングによって発行されているので誰が作ったのか判明せず、発行する人はいないと言われています。
これが仮想通貨とクレジットカードにおける大きな違いで、この違いが大きな特徴を生み出しています。

発行者だけではなく中央集権者もいない仮想通貨

クレジットカードで実際にフォルスクラブに支払われるのは、日本円です。
一時的に信販会社がフォルスクラブに料金を支払うものの、そこでやりとりされているのは日本銀行が跛行している日本円です。
一方の仮想通貨はマイニングによって発行されるので、それを管理する中央集権者もいません。
そのため送金スピードが速いなど魅力的な特徴が仮想通貨にはいくつもありますが、トラブルが起きたときにも対応されないなど、デメリットにもなっているわけです。
メリットやデメリットは他にもありますが、違い知る第一歩としてこの点を理解しておきましょう。

可能性を残す仮想通貨とフォルスクラブ

目に見えないお金をフォルスクラブに支払えるクレジットカードですが、仮想通貨とはこのような違いがあります。
現在は仮想通貨を使える場所は限られていますが、今後増加していけば利用する人も増えるでしょう。
そうなるとクレジットカードのように一般的になり、両者の違いを理解できる人も増えるかもしれません。
将来的には仮想通貨でクレジットカードのように支払いができる店舗やサービスが増えて、珍しいものではなくなっていくでしょう。
フォルスクラブも利用者が増えているというものの、またまだ一般的と言われるほど普及していません。
ですがこれからフォルスクラブの利用者が急増していけば、知名度も高くなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です