香港はフォルスクラブのタブレット何個分なの?

「香港の大きさってご存知ですか?」
フォルスクラブの前にまず香港について紹介します。まず、香港の大きさを正確に答えられる人はおそらく少ないでしょうが、香港は2754平方キロメートルと言われています。しかし、居住可能な地域だけの面積ではかなり小さくだいたい1000平方キロメートルを少し上回る程度とされており、その大きさはだいたい札幌市と変わらないと言われています。札幌市の人口はだいたい200万人ですが、香港の人口は700万人を超えている状況です。今の札幌市の3倍の人が住んでいることになり、相当な人口過密の状況にいることがわかります。淡路島とも同じような陸地面積と言われ、淡路島に700万人がいるようなイメージです。そのように考えると香港は意外と小さいことがわかります。

 

「フォルスクラブのタブレットの大きさは?」
一方、フォルスクラブのタブレットの大きさですが、縦がだいたい16センチ、横がだいたい23センチであることから368平方センチメートルとなっています。これは新型のタブレットであり、以前のタブレットよりもだいぶ小さくなっていますが、それだけ高性能です。サイズだけで見れば一回り小さくなったことから持ち運びがしやすくなったのも大きな特徴です。以前にフォルスクラブのタブレットを手にしたことがある人が新型のものを手に入れていただければその違いは一目瞭然です。より見やすく、利用しやすくなったという点では進化を続けており、より学習に集中できるようになったとも言えます。

 

「何個分なのか、色々と計算してみた!」
香港の大きさは2754平方キロメートルなので、フォルスクラブの新型タブレットの面積を割って実際に計算をしてみると約748億3695万6521個と出ました。およそ750億個のフォルスクラブのタブレットを敷き詰めればいいことになります。タブレットは1台あたり5万円程度するので、こちらも計算をしてみたところ、もし本当に約750億個を用意するのであれば、約3750兆円が必要です。この金額は全世界の国家予算の合計と同じくらいか、それよりも多い金額であり、日本であれば国債を返し切るどころか大きな貯金につながり、消費税の増税などをしなくて済みます。天文学的数字とはまさにこのことを言います。

 

「フォルスクラブのタブレットで見れば香港は大きい」
実際に計算をしてみると、フォルスクラブだけでは到底賄えないタブレットの数、全世界の国家予算をかき集めても足りないような金額が必要ですが、さすがにそれだけの発注を受ければもっと安く作ってくれそうですが、資源が枯渇し大変なことになりそうです。フォルスクラブのタブレットは高性能なので多くの人に使ってもらいたいものですが、さすがに地球上の全人口の10倍近い台数となるとなかなか駆使できないものです。また香港は小さい印象を受けましたが、こうしてタブレットを並べてみた場合の計算をしてみると香港という地域は意外と大きいものであることがわかります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です