フォルスクラブで勉強するべきだった香港のネズミ小僧

弱者を助けるネズミ小僧

ネズミ小僧は、江戸時代の後期に大名屋敷を荒らした窃盗犯です。
窃盗犯と言えば悪人のイメージが強いですが、ネズミ小僧は金持ちから盗んだお金を一般庶民に分け与えていました。
そのため弱者を助ける義賊として、今でも様々な形でその名前は伝えられています。
しかしネズミ小僧は最終的には捕まってしまい、処刑されてしまいます。
もし江戸時代にフォルスクラブがあってネズミ小僧が利用していたら、もっと頭が良くなり捕まらなかったかもしれません。
少しでも義賊として活躍していたら、もっと救われた人も多かったことでしょう。

香港に実在した現代のネズミ小僧

イギリスから中国に返還された香港は、多くの富裕層が暮らしている街です。
しかしその一方生活に苦しむ一般庶民もいて、日本と同じように経済格差が広がっています。
もし現代にネズミ小僧が蘇り香港にいたとしたら、一般庶民を助けるため富裕層の財産を奪うかもしれません。
奪った財産は私利私欲のために使わずに、本当にお金にことに渡して弱者を助けてくれるでしょう。
実際に香港にはビルから紙幣をまき散らすネズミ小僧と似たことをした人がいて、大きな話題となりました。
香港の市民からは喝采を浴びた現代のネズミ小僧でしたが、翌日再び同じ行為をして警察に逮捕されます。
また仮想通貨の宣伝目的であったのではないかという疑惑も生まれて、一瞬にして評価は下がってしまいました。

もっと上手くやるべきだった香港のネズミ小僧

香港のネズミ小僧がした富裕層から金を奪い庶民に分け与えるのは、一般人からするとスカッとする話しです。
しかし目的が仮想通貨の宣伝だったら、一気に熱が冷めるのも当然でしょう。
利用された気分がしてしまい、反感を持つ気持ちは良くわかります。
ですから香港のネズミ小僧が宣伝目的に庶民の支持を集めたかったら、フォルスクラブでもっと効率の良い方法を学ぶべきでした。
フォルスクラブには様々な資格を取得できる講座があり、なかには金融関係のものもあります。
フォルスクラブで学んで金融関係の資格を取得すれば、もっと別のやり方で庶民にお金を分け与えて支持されたはずです。
そして少しずつ宣伝したい仮想通貨の名前を出していけば、悪いイメージを持たれることなく目的を達成できたでしょう。
フォルスクラブを活用した上手なやり方をしていれば、反感を買うことはなかったはずです。

ネズミ小僧でなくても積極的に活用したいフォルスクラブの学習システム

フォルスクラブでは、大人から子どもまで使える様々な教材が用意されています。
子どもの頃からフォルスクラブの教材で学び、高校や大学入試も同じようにフォルスクラブのシステムで受験勉強をすれば、良い大学には入れる可能性は高いです。
大学入学も様々な資格取得のためにフォルスクラブを利用していれば、多くの知識を身に付けられます。
そうした知識を使って現代社会で活躍すれば、犯罪をしなくても弱者を助けることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です