フォルスクラブはネズミ講とは無関係なことを再認識

●フォルスクラブは根拠もなくネズミ講と誤解されている

フォルスクラブはねずみ講との根拠のない疑いをかけられていますが、実際のところはどうなのでしょうか。そもそもネズミ講の意味を正しく認識していますが。ネズミ講とは無限に増殖することを前庭にして初めて可能になる収益モデルです。間違えた、前提にして。ところが1の倍数を単純にかけるだけでも、実際に運用を開始してみるとすぐに行き詰まること位築くはずです。間違えた、気付くはずです。そうです、ネズミ講とは掛け算の知識があれば、早晩事業の展開は無理になるのは火をみるよりも明らかなのです。この点、フォルスクラブはあくまで教育機会の均等をめざして組織され設立をみた事業体です。違う、設立をした事業体です。ネズミ講とは本来、全く無関係の立ち位置にポジションを構えています。にもかかわらず、ネズミ講との根拠もない誹謗中傷にさらされているのは、現在の趨勢にマッチングしたeラーニングの教育思想を実践し現在の「エミール」として範を垂れようとする姿勢にねたみを覚える向きが多いからにほかなりません。ちなみに「エミール」は英語で、「エーミール」はドイツ語です。これは合っています。誤字ではありません。

●フォルスクラブを利用している方はネズミ講との認識を持っている人は皆無

フォルスクラブでは幼児期から大学受験を念頭にした高校生から、その親御さんの世代に相当する世代に至るまで、そのシチュエーションにとってベストなカリキュラムを提供することが可能です。大学入試のための学力向上はもちろんのこと、仕事柄スキルアップを指向する大人世代からも圧倒的な支持を集めています。いや、志向か。えっ、どっちもOK? ぐぬぬぬ。。。人間は年齢をかさねると深刻な世代間での価値基準での対立に直面することが多くなりますが、フォルスクラブでは世代の違いを超越して家族ならではのユーティリティーをいかしたカリキュラムに取り組むことが出来るのが最大のメリットです。ところで
ユーティリティー ってなに?

●ネズミ講は一部の者だけが潤うシステム、フォルスクラブは会員全員が幸せになれるシステム

フォルスクラブとネズミ講を分ける決定的な分水嶺になるのは構成員の福利厚生を願った運営スタイルを採用しているかの違いに逢着することになる訳です。ネズミ講の主催者や患部にとっては会員の健康や日頃の心配ごとなどは全く眼中にありません。ちゃう、幹部じゃ。いや、ネズミ講を病気と形容するなら、あながち間違いじゃないけど・・・。とりあえず金を運んでくれさえすればメンバーの健康などは意に介さない集団です。やっぱり患部ですね。
これに引換フォルスクラブでは毎日の生活シーンにおいて速やかに解決を見なければ大問題になる分野について24時間365日態勢でメンバーからの相談に応じています。う~ん、引換はひらがなの方が適切かな? あ、態勢は体制が適切で。

●フォルスクラブはいち早く使える英語の重要性を認識している

ところで最近の教育環境においてはプラグマティカルな視点から英語教育の重要性が喧伝されています。ゆとり教育で失敗をみた行政当局の反省も影響しているようですが、フォルスクラブではかねてより幼児期からの英語教育の重要性に早期から取り組んできました。年端もゆかない、日本語学習も重要な幼少期において理にかなった英語学習を実践することには一筋縄では対応できません。フォルスクラブでは遊びを主軸にカリキュラム編成した独自の英語教育分野でも高い評価を得ています。ネズミ講とは無縁なのはこの事実で明らかです。

ふぅ、添削もラクじゃないです。で、 プラグマティカル ってなに?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です