フォルスクラブを作る会社が香港上場をするなら

本社は香港になくても問題はない


フォルスクラブを作る会社が香港上場をするとなった時には、本社が日本にあるけれども大丈夫かというものがあります。
これに関しては一切の問題はなく、香港上場をするにあたって本社の位置は香港になくても構いません。
国際化が進む現代社会では、様々な国で上場をする企業が増えてきましたから、その度に本社を現地に移転をしなければならないということはないので、本社の所在がネックとなることはないのです。
香港に本社を移さなければ香港上場はできないとなると日本をメインに活動をしている企業だけに厳しいものがあるかも知れませんが、本社を日本に置いたままで問題なければ香港上場の障壁は一つ減ったと言えます。

フォルスクラブが香港で受け入れられるか


本社の問題はありませんが、フォルスクラブが中国で受け入れられるかという問題はあります。
わざわざ香港上場をするということは、中国でも事業を行っていくという意思の表れということになります。
しかし、肝心のフォルスクラブが受け入れられなければ香港上場をする意味がなくなってしまうので、本社の所在地よりもこちらの方が問題と言えるでしょう。
実際には中国に進出してみなければわからない部分もありますが、フォルスクラブの有用性を考えると中国でも十分に受け入れられる可能性はあり、サービスの良さが認められて香港上場も好意的に受け止められる可能性は高いと考えられます。

香港上場をする意味自体はあるか


フォルスクラブを作る会社が香港上場をするとして、一番問題となるのは本社の所在地でもなくフォルスクラブが受け入れられることでもありません。
それよりも香港上場をする意味があるのかということがポイントになってきます。
上場をするのはメリットもある一方でデメリットもありますから、それだけの見返りがなければ無駄になってしまいます。
中国は日本の10倍の人口がいて近年発展もめざましく、市場としては魅力的です。
だからといって、いきなり上場をするのかと言うと話は別であり、事業として進出をするのと株式市場に上場をするのは別問題です。
現状ではフォルスクラブを作る会社が香港上場をするメリットは薄いため、意味がないということで上場しない可能性が高いと言えます。

それでも上場をしたらどうなるか


香港上場をするメリットは薄いと言えますが、それでももし今フォルスクラブを作る会社が香港上場をしたらどうなるかと言えば、様々な結果が考えられますがフォルスクラブの注目度が高まり事業が拡大していくことが考えられます。
香港上場をすると言うだけで話題に上りますし、話題になれば取り扱っているサービスや商品も注目をされます。
そうなったときにはフォルスクラブの有用性が認められることになり、多くの人が興味を持ち利用をすることになり、事業が拡大をしていくということです。
必ずしも上手くいくとは限りませんが、フォルスクラブのポテンシャルを考えれば、このような結果になっても不思議ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です