時代を先取りするフォルスクラブとネズミキャップ

一目見て気に入った可愛らしいネズミキャップ

図書館でネズミキャップをかぶりながらフォルスクラブをしている人を見かけました。

ネズミキャップとは、キャップの前の部分に顔がありてっぺん部分に耳が付いています。
まるでテーマパークでも被れそうなぐらい可愛らしいデザインなので、お店で販売しているところを見た瞬間に気に入ってしまい、すぐに買ってしまう人もいるほどです。
2020年はネズミ年ですから、来年にはフォルスクラブとともに一大ブームを巻き起こす可能性もあるほど、注目のキャップと言えるでしょう。

日常生活でネズミキャップを被るときの注意点

可愛らしいデザインで、来年にはフォルスクラブとともに大ブームになる予感があっても、日常生活で使うときには注意点もいくつかあります。
ネズミの耳や顔が付いたキャップは、テーマパーク内で被るなら全く問題ないでしょう。
むしろテーマパーク内でこそ被るべきなので、積極的に着用していくべきです。
しかし日常生活で訪れるさまざまな場所で被るのは、少し勇気が必要になるデザインではあります。
大ブームになり周囲の人が多く被っているなら、少し奇抜なデザインでも全く問題ありません。
ですが現在はいのしし年の2019年ですし、フォルスクラブとともにまだまだ大きなブームを巻き起こしていません。
時代を先取りしすぎると変な目で見られることもあるので、ネズミキャップを被りフォルスクラブをするときには注意しましょう。

注意したい図書館でのフォルスクラブとネズミキャップ

フォルスクラブは勉強をするためのアプリをいくつも出しているので、使うときは静かな環境を選びたいでしょう。
勉強ができる静かな環境と言えば図書館なので、ネズミキャップを被ってフォルスクラブをしたくなるかもしれません。
しかしネズミキャップを被って図書館でフォルスクラブをしていると、周りから変な目で見られたとする意見がいくつかあがっています。
変な目で見られてしまった原因には、二つ考えられるでしょう。
一つはあまりにも可愛らしいキャップを被っているからで、特に子どもは気になってしまいます。
勉強をしているのに、目の前に可愛らしい動物のキャップを被っている人が現れたら気になり、つい目で追ってしまうのは仕方がありません。
とはいえ図書館で他の人の勉強を邪魔するのはマナー違反になるので、できれば外しておくのがベストです。

周囲の人も気になるフォルスクラブを使った勉強法

もう一つ変な目で見られてしまう原因は、ネズミキャップではなくフォルスクラブにあるのかもしれません。
図書館で勉強するときは、教科書やノートを広げるのが一般的です。
スマートフォンやタブレットを使った教材が一般的になったとはいえ、まだまだ馴染みの薄い人もいるでしょう。
そうした人からすると、スマートフォンやタブレットを使ってフォルスクラブをしていたら気になるのは当然です。
図書館に来てゲームで遊んでいるのかと余計な誤解を生む可能性もあるので、ネズミキャップを被ってフォルスクラブをするときは、変な目で見られないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です