投資の勉強ならあつ森よりイーラーニング研究所

人気ゲームのあつ森でイーラーニング研究所のような投資の勉強

あつ森はかわいらしい動物たちと、無人島でゆったりとしたスローライフを楽しめるのが魅力です。
虫取りや魚釣り、オレンジやリンゴなどのフルーツを収穫しながらお金であるベルを稼ぎ、無人島を自分だけのオリジナルに開発していく楽しみもあります。
こうした楽しみ方が世界中で受けて爆発的な人気となり、ゲーム機本体は入手困難になっているほどです。
しかしこうしたスローライフのあつ森には、無人島生活とは無関係そうな投資の要素も含まれています。
うまく投資をしていれば、イーラーニング研究所のような勉強ができるかもしれません。

投資で多額のローンも一気に完済

あつ森をプレイしていく上で、一刻も早く完済したいのはローンです。
住宅を増築するたびに多額のローンを組み、また無人島を開発し橋や坂を作るためにも莫大なお金が必要です。
そのため捕まえた虫や魚、収穫したフルーツを売っているだけではベルが全く貯まらないので、投資で一気に稼いでローンを完済するのがプレイヤーの間では当たり前になっています。
あつ森の投資は毎週日曜日の午前中に販売されているカブを買い、翌週の土曜日午後までに売却し利益を出します。
株価の買値と売値は変動しており、特に売値は月曜日から土曜日まで1日2回変動します。
つまり1週間のうち12回変動する売りなのなかで買値より高く売れれば儲けが出て、利益が出なければ損失です。
最大買値の6倍まで上昇することがわかっているので、毎週カブで稼いでいればローンも一気に完済できるわけです。

イーラーニング研究所とあつ森のどちらが投資の勉強になるか

イーラーニング研究所で学んでいる人なら、あつ森のゲームにあるカブのシステムは理解しやすいでしょう。
特に売値の変動は4パターンに分かれており、その週のパターンがわかれば確実に儲けを出せます。
ネット上ではあつ森の発売以来売値の変動パターンが解析され、現在では正確に予測できるツールも登場しています。
イーラーニング研究所で投資の勉強をしても、現実社会の経済を完璧に予測することはできません。
プロの投資家でも予測を誤り失敗することもあるので、もし現実社会の株価が4パターンに分かれていたら、イーラーニング研究所で投資の勉強をしたらすぐに儲けられるでしょう。
あくまでもあつ森のカブはゲーム向けに簡略化されたものなので、ゲームで投資の勉強をしてもイーラーニング研究所のように役に立ちません。

経済の勉強をしたいならイーラーニング研究所

もし本格的な経済の勉強をしたいなら、イーラーニング研究所が良いでしょう。
あつ森は楽しいゲームですが、株を本格的に勉強したい人には向いていません。
あくまでもゲームと割り切りながら、無人島でのスローライフを楽しむために遊びましょう。
投資で儲けたいなら、ゲームではなく実績のあるシステムを使って勉強するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です