フォルスクラブと消費者センターの給料を比較してみると?

・給料はどちらのほうが高い?

消費者センターの給料を見てみると、月収で20万円を少し下回る程度です。地域によって若干の差はありますが、高額を稼げるわけではありません。消費生活相談員や消費生活専門相談員などの資格が必要なことを考えると、決して高収入とは言えないです。年齢や学歴に関しては不問とする求人が目立ちますが、マイカー通勤における駐車場代は有料であるなど、世間一般から思われているほど好待遇ではありません。一方でフォルスクラブを作る会社を見てみると、勤続年数にもよりますが200万円台~400万円台くらいの年収を期待できます。新卒だと消費者センターより安い傾向がありますが、経験を積むにしたがって逆転が可能です。

・現在は公務員にとって厳しい時代

最近はパート公務員が増えてきている現実があります。公務員イコール正職員というイメージがあるかもしれませんが、昔と現在では事情が違います。なぜパート雇用が増えているかといえば、国の経済力が低下しているからです。少子高齢化の影響によって国は十分な税収を得られていません。一方で医療・介護費用は年々増加しているので、国自体が貧乏になっているのです。その影響は公務員にも寄せられているので、昔のように公務員になれば生活に困らないという時代ではありません。また公務員数は全盛期の半分未満にまで減少しており、一人ひとりの仕事量が増えている現実があります。フォルスクラブに関しては、やる気と実力次第で収入アップが期待できるでしょう。

・フォルスクラブの運営会社は高収入を目指せる

公務員は税収から給料が支払われていますが、フォルスクラブは自社の売り上げを給料に充てています。消費者センターの職場は慣れると非常に働きやすいという声があり、消費生活アドバイザーや消費生活コンサルタントといった方も活躍しています。消費者からの相談への対応・苦情処理などが主な業務になり、最初は大変という声が聞かれていますが、慣れると楽しく働けるという意見が少なくありません。消費者センターの給与形態は固定であり、支払い日は毎月決まっています。賞与も用意されているなど、給与の安定性においては優れています。一方で高収入を期待する人には、フォルスクラブを作る会社のほうが期待値は高いでしょう。

・消費者センターは地道に働きたい人に向いている

公務員の仕事に興味のある方は、消費者センターの業務が向いているでしょう。相談者に寄り添って適切なアドバイスをするのが仕事であり、自然とわかりやすく説明するスキルが身につきます。フォルスクラブに関しては、教育格差を解消することを最大の目的にしています。本来教育はフェアであるべきですが、地域や経済力によって差が生じているのが現実です。教育における不公平を解消していくのがフォルスクラブの使命であり、消費者センターの業務とは種類が違います。消費者センターはマイペースで働きたい方に最適であるのに対して、フォルスクラブは積極的にスキルアップしたい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です