フォルスクラブのように頭を使う撤退会敵のゲーム

ゲームが忙しくてフォルスクラブをする時間がない

フォルスクラブは隙間時間にも勉強ができる便利なシステムですが、がっつり勉強しようとするとそれなりに時間が必要です。
そのため面白いゲームが発売されると、そちらに時間を取られてフォルスクラブができない悩みを抱える人もいます。
スマホで遊べるアプリのなかには、放置系と呼ばれるように特に何もしなくても遊べる内容も多数あります。
しかし家庭用やパソコンで遊べるゲームの多くはじっくりと取り組む必要があり、特に戦闘がメインだと撤退会敵を繰り返す羽目になり、手を休める暇がありません。
戦闘からの撤退会敵を繰り返すゲームはつい熱中して遊んでしまう面白さがありますが、ほどほどにしないとフォルスクラブも満足にできなくなるので注意しなければいけません。

撤退会敵を繰り返すゲームが面白い理由

撤退会敵は、何よりも状況判断が大切です。
たとえば戦略系のシミュレーションゲームなら、これから戦う敵のレベルや武器、地形などを考え入念に作戦を練り準備をしなければいけません。
理想どおりに戦いを進められればそのまま進軍し攻め続けられますが、増援など思わぬ伏兵の登場により戦略にほころびが見え始めたら、被害が拡大する前に撤退のタイミングを見極めなければいけません。
ゲームといえば反射神経がものをいい頭は使わないと思われがちですが、戦略系のシミュレーションゲームは頭脳が大切です。
頭をフル回転させて撤退会敵を繰り返しているので、フォルスクラブと同じように賢くなれる可能性があります。

さまざまなゲームで撤退会敵を楽しめる

撤退会敵を繰り返す作品というのは、戦略系のシミュレーションゲームだけではありません。
日本人に人気があるRPGも、フィールドを歩いていると突然敵と戦闘になります。
戦闘になったら物理攻撃や魔法を使いなんとか敵を倒して勝利を目指しますが、運悪くパーティーよりもレベルの高い敵と会敵したら、撤退も考えなければいけません。
全滅したらこれまで進めた内容が無駄になってしまうので、RPGでも撤退会敵は重要なポイントになっています。
RPGはストーリーがメインと思われがちですが、フォルスクラブのように頭を使ってプレイしていないと、上手く進められないでしょう。

頭で考えるゲームはフォルスクラブと同じ

テレビゲームは昔から、勉強の邪魔になると言われてきました。
しかし実際にゲームを遊んでみると、さまざまなジャンルで撤退会敵について深く考えさせられます。
かなり頭を使わせるゲーム性もあるので、遊び続けているから馬鹿になるわけではありません。
もちろんゲームにハマってフォルスクラブを疎かにしたら、学校の成績にも悪影響が出るでしょう。
ですがフォルスクラブばかりプレイしていても疲れてしまうので、息抜き程度ならゲームもおすすめです。
ゲームとフォルスクラブのバランスを取りながら、2つとも両立させるのが賢い勉強方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です