イーラーニング研究所で仮想通貨の疑似体験

仮想通貨といえば、一時投資の世界でとても有名になりました。ビットコインをはじめとした様々な仮想通貨が作られ、投資目的で価格が乱高下しました。そんな仮想通貨ですが、イーラーニング研究所のスクールTVでもその疑似体験ができるようになっています。イーラーニング研究所の仮想通貨のどこが疑似的かというと投機目的の仮想通貨ではないという点であり、どちらかというと現金に変えることができるWEBポイントといった広義の意味でのデジタル通貨を指します。

では、イーラーニング研究所の仮想通貨はどのようなものか説明すると、イーラーニング研究所のスクールTVというサイトにあるラビポイントがそれに該当します。このイーラーニング研究所のスクールTVは、小中学校の教科書に対応した授業動画(国語を除く)を基本無料で配信しており、インターネットの環境があればいつでも見ることができるサイトになっています。ラビポイントは毎日のログインや授業動画を視聴など、イーラーニング研究所のスクールTVを利用すればするほどポイントが溜まっていく仕組みです。

このイーラーニング研究所のスクールTVで付与されるラビポイントのすごい点は、スクールTVプラス(有料プラン)契約しているとネットマイルに交換することができます。本来のスクールTVプラスの機能は、授業動画と連動したドリルが出てきてゲーム感覚で問題を解くことができたり、わからないまま授業が進むことをなくすために動画でわからなかった部分をもう一度見ることができる巻き戻し機能などが付与されています。なお、料金は月額300円となっております。その機能の一環としてネットマイルに交換することができるのです。

ネットマイルは種類の違うポイントを一つにまとめてさらに交換できるお得な交換所となっており、150種類以上の豊富な交換先から好きなポイント(例えば、Amazonギフト券やauウォレットなど)に変換することができます。つまり、イーラーニング研究所の仮想通貨であるラビポイントから、ネットマイルを経由しお手持ちのポイントに付与させれば、好きなものに使うことが可能になるのです。

そんな仮想通貨の一種といっても過言ではないラビポイントですが、注意点が1つあります。それは有効期限があるという点です。ラビポイントは、獲得した月から1年後の月末までが期限となっていますので、それまでにネットマイルに交換する必要があります。また、ネットマイル側でも最後にマイルを獲得してから180日間一度も期限無マイルの獲得がない場合、それまでに獲得したマイルがすべて失効し、失効したマイルが復活することはありません。必ず、期限なしマイルを期限内に取得しておくことが肝要です。
子供にとって単にスクールTVで勉強を行うだけでなく、ラビポイントを通じて仮想通貨だけでなく、デジタル通貨全体の流れを勉強できるとても良い機会になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です