フォルスクラブにも導入して欲しいシェアリングボーナス

大切な食材を無駄にしている食品ロスの問題

日本は食品ロスが世界的にも非常に多くあると指摘され、大切な食材を無駄にしていると言われています。
フォルスクラブを普及したい世界の貧困地域では食べる物がなく飢えに苦しむ人々が数多くいますから、食材を無駄にしている食品は恥ずかしいとも考えられるでしょう。
しかしフォルスクラブをプレイする日本人のすべてが、食べる物に困っているわけではありません。
日本でも貧富の差が広がり始めており、食べる物に困らない裕福な家庭がある一方で、今の時代の日本で栄養失調になる子どももいます。
そうした貧困家庭と食品ロスの問題を解消するために、注目されているのがフードシェアリングです。

国が積極的な関与したいフードシェアリング

フードシェアリングとは、廃棄される予定の食品を生活者に届ける仕組みです。
店舗や企業、生産者は廃棄予定の食品を捨てる必要がなくなり、生活者も食べ物を手に入れられます。
食品ロスと食べ物に困っている人を助けるサービスですから、国が積極的に関与し参加している人々にボーナスを与えてでも積極的に推進すべきでしょう。
ボーナスを受け取ることができれば、フードシェアリングボーナスと言えます。

フォルスクラブのアカウントも無駄が多い

学習教材を提供しているフォルスクラブは、非常高品質で優れたサービスです。
しかし一つだけ気になる点を挙げるとすれば、利用できるアカウントに無駄があることです。
フォルスクラブでは1家族5人まで利用できますが、近年は少子化の影響もあり5人家族は減っています。
たとえば標準的とされる4人家族でも1人分、子どもが1人なら2人分もフォルスクラブの利用権が余ります。
これも食品ロスと同じですから、フードシェアリングボーナスと同じような仕組みを導入してでも、無駄を解消すべきでしょう。
シェアリングボーナスを導入して無駄を解消できれば、今より多くの人にフォルスクラブを利用してもらえます。

フォルスクラブのアカウントにシェアリングボーナスを導入するなら

もし本当にフォルスクラブのアカウントにフードシェアリングボーナスのような仕組みを導入するとしたら、考えつくのは足りない家族への援助でしょう。
大家族は減りつつあると言っても、子どもが4人や5人もいる家庭はあります。
そうした家庭では家計が苦しく満足に勉強させてあげられない状態になっているケースが多いので、シェアリングボーナスを導入して積極的に余っているアカウントを譲渡すると良いでしょう。
たとえば譲渡した会員の料金が安くなるシェアリングボーナスがあると、積極的に手を上げるフォルスクラブの会員は多くいるはずです。
シェアリングボーナスの導入により余らせているアカウントを有効活用できれば、フォルスクラブの利用者が増えるとともに貧困に苦しむ家庭の子どもたちに、高品質な学習環境を用意できます。
フォルスクラブの学習を受ければ学力もアップし、将来貧困から抜け出せる可能性も高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です