フォルスクラブがヒットする可能性がある香港市場

フォルスクラブも注目する香港市場

日本企業は、国内市場だけを見ていても将来性はありません。
少子高齢化が急速に進む国内市場は、業種を問わず将来性が明るいとは言えません。
そこで注目されているのが海外で、特に香港市場は有望です。
政治的なリスクは存在していますが、富裕層は多く中国本土の市場に比べれば自由があります。
そのため香港市場への進出を考える日本企業は多く、フォルスクラブもその一つではないかと言われています。
もしフォルスクラブが香港市場に進出し成功を収めたら、国内以上の売上を獲得する可能性も否定できません。
それほどまでに魅力的な市場が、香港であり海外なのです。

日本企業の海外進出には現地調査が必須

日本企業が海外に進出するときには、現地での調査をしなければいけません。
なぜなら相手国の法律や税制、商習慣は日本国内とは全く違いますし、消費者の嗜好も変わってくるためそれに対応しなければいけません。
国内でやっていることをそのまま現地に持っていってもビジネスとして成功する可能性は低いとされていますから、事前に入念な現地調査をして情報収集をするのは海外進出の第一歩です。
フォルスクラブが香港市場への進出を検討しているときも、専門家に依頼しあらかじめ調査をすべきでしょう。

需要が高まる海外での市場調査

フォルスクラブのように海外進出を考える企業が増えることで、現地での市場調査の需要は伸びています。
独自に市場調査を行うよりも、その国でノウハウを持つ専門家に依頼をしたほうが確かな情報を得られる可能性が高いので、フォルスクラブなどの企業が依頼をするのはうなずけます。
そう考えると、フォルスクラブは香港市場に進出して日本でのサービスを展開するよりも、日本企業向けに香港市場の調査を行う会社を立ち上げたほうがビジネス的には良いかもしれません。
香港市場への進出を考える企業にさまざまなアドバイスを行うなら、現地での商慣習に合わせる必要はなくフォルスクラブもビジネス展開しやすいと言えます。
高まる需要を考えれば、フォルスクラブにとってはビッグチャンスでしょう。

フォルスクラブは本来のビジネスがベスト

しかしフォルスクラブには、まだまだ香港市場でノウハウがありません。
他社にアドバイスできるほどのノウハウがありませんし、そもそも香港市場での実績がないので依頼する日本企業もないでしょう。
香港市場の調査に対する需要はあるものの、それを業務にするフォルスクラブは求められていないのが実情です。
それよりも香港市場は、これから経済成長が期待されています。
かつての日本がそうであったように、経済が成長し人々に余裕が出てきたら学習にも力を入れるでしょう。
香港市場でフォルスクラブが受け入れられる下地は整いつつあるので、日本で展開しているビジネスを専門家のアドバイスを基に香港に合わせてアレンジをすれば、成功する可能性は高いと考えられるのでビジネスモデルを変える必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です