フォルスクラブとマルチ商品の大きな違い

世の中には様々なマルチ商品が存在しており、これは独特のイメージを持っていると言うことが少なくありません。基本的に見た目で人を惹きつけるとともに、さらに様々な身近な人がこれを勧めることにより、興味本位で購入をしてしまうということが多いものです。しかしそこには様々なビジネス上のカラクリがあり、実際にこれを購入して十分に満足をしたと言う人はほとんどいないことも真実となっています。フォルスクラブもSNSなどで話題となっており、多くの人を惹きつけるものとなっているイメージがありますが、マルチ商品とは大きな違いがあります。

・フォルスクラブのサービスは利用して満足感が得られます

フォルスクラブの様々なeラーニングサービスは多くの人がSNS上で紹介しており、非常に満足できたと言う投稿が多いためこれに惹かれて自分も利用したいと感じる人も少なくありません。しかし利用するためには自ら申し込みを行わなければならず、十分にサービス内容について理解する時間が与えられます。そのため自分でじっくりと考え、入会をすることができることから、マルチ商品のようにその場の雰囲気に流されて入会してしまうということがなく、安心して利用することができるのがポイントです。

・フォルスクラブのサービスは紹介者のリベートがありません

マルチ商品の場合には積極的に紹介をし利用者を増やすために、紹介者に様々なリベートが与えられることが特徴です。そのため紹介者はより多くの人に紹介することによって、自分がリベートをたくさん得ることができると言う特典があります。そのためマルチ商品の場合には多くの人に紹介をすることによって自分自身が利益を上げることができるものですが、フォルスクラブにはそのような制度がないため、純粋に自分が良いと思ったものをSNS上で勧めることにとどまっています。マルチ商品のように障害者とのしがらみを感じることがなく、自由に利用することができるのがポイントです。

・フォルスクラブは利用者が使いやすいサービスを提供しています

マルチ商品の多くはそのイメージが先行することが多く、紹介文だけでその商品を良いと思ってしまう傾向があります。フォルスクラブのサービスの場合にはイメージが先行することがなく、自分でその内容を十分に熟知して申し込まなければならないのがポイントとなっています。そのためイメージに惑わされることなく、十分に内容を理解することができるのが特徴です。

・フォルスクラブは非常に制約が少ないのがポイントです

マルチ商品の多くは様々な制約があり、いちど購入したら返品をすることができなかったり、また紹介者は一定期間内に会員を増やさないと様々なペナルティが与えられるなど、会員を増やすための様々な仕組みが導入されていることが多いものです。フォルスクラブにはこのようなものがなく、自分の意志で自由に入会や退会をすることができるのが特徴であるため、自分自身でメリットを十分に感じて判断しながら利用することができるのが魅力となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。