マルチ商品化したeラーニング研究所の書籍で変わる教育現場

小学校のオンライン教育がよく分かるeラーニング研究所の書籍

eラーニング研究所では、小学校のオンライン教育に関する書籍を販売中です。
コロナ禍の影響により、オンライン授業を採り入れる小学校も増えました。
オンライン授業なら教師や生徒同士が対面せずに住むため感染拡大のリスクが減り、安全かつ健康に教育ができるとして期待されているわけです。
しかし小学校でのオンライン教育には問題点もいくつかあり、特にコミュニケーションの問題です。
小学校というのは勉強を教えるためだけにあるのではなく、児童がコミュニケーションを育む場所でもあります。
小学校時代の経験がその後の人生に大いに活かされますから、家庭で勉強するスタイルのオンライン授業はそうした機会を摘むことになります。
他にもオンライン教育に耐えられる回線を整備していない家庭もいたりして、普及はしつつもまだまだ課題は山積みです。

マルチ商品として売りたいeラーニング研究所の書籍

このように近年持て囃されているオンライン教育には、問題点もいくつかあります。
こうした問題点を指摘できるのは、これまでeラーニング研究所がオンライン教育のノウハウを蓄えてきたからでしょう。
蓄えたノウハウを生かして教育現場に還元するためには、eラーニング研究所の書籍をもっと多くの人に読んでもらわなければいけません。
多くの人にeラーニング研究所の書籍を読んでもらうなら、マルチ商品にしてからの販売です。
シングル商品で売るよりもマルチ商品で売ることで、eラーニング研究所の書籍を多くの人が手に取る機会が増えます。
優れた書籍でも手にとって読んでもらわなければ意味がありませんから、そのためにもマルチ商品化が重要です。

在庫数が少なくなっているeラーニング研究所の書籍

しかしマルチ商品として売るときに、問題となるのはeラーニング研究所が販売する書籍の在庫数です。
少し前の情報では在庫が残り5冊となっているため、マルチ商品で売るには数が少なすぎます。
マルチ商品化して売るためには大量の在庫が必要になりますから、eラーニング研究所は今すぐ増刷して在庫を増やすべきでしょう。
eラーニング研究所の在庫が潤沢になればマルチ商品で配れる本数も増えて、手に取れる人の数も増加します。

マルチ商品化したeラーニング研究所の書籍で変わる日本の教育

日本の教育にはオンライン化の他にもさまざまな問題点があり、書籍ではこうした点にも指摘しています。
なぜここまでeラーニング研究所が問題点を指摘できるのかというと、長年教育事業を続けてきたからです。
教育現場に関わり良いところも悪いところも見てきたので、問題点が手にとるようにわかります。
こうした問題点は行政や国には伝わりにくく、改善が遅々として進まない原因です。
マルチ商品になったeラーニング研究所の書籍で問題点について理解する人が増加すれば、日本の教育現場はもっと良くなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。