eラーニング研究所が教えるマルチ商品の断り方

絶対に同意してはいけないマルチ商品

マルチ商品を勧めてくる人は、しつこく強引です。
興味がない態度を見せてもしつこく付きまとい、時には強引に契約させようとする人もいます。
あまりのしつこさに根負けして契約すると、後悔することになるでしょう。
高額なマルチ商品を買わされても損をするだけですから、強引に勧められても絶対に断らなければいけません。
相手を気遣い曖昧な表現をするほど付け入る隙を与えてしまうので、勧められたらはっきりと意思表示をして断ってください。
はっきり断った上でそれでも強引に誘ってくるなら、消費者生活センターや警察に相談しましょう。

マルチ商品でも相手を気遣う気持ちは多少は重要

マルチ商品を断るときにははっきり意思表示をすることが大切ですが、あまりにも過激な言葉を使うと逆恨みをされる恐れがあります。
恋愛と同じように逆恨みをされてしまうと、相手が何をしでかすかわかりません。
ですからやんわりと断りつつも、マルチ商品は必要ないという意思表示だけはしなければいけません。
こう考えると相反することを同時にしなければいけないわけですから、マルチ商品の断り方はかなり難しいことがわかります。
だからこそeラーニング研究所は賢いマルチ商品の断り方講座を開設し、正しい方法を広めていかなければいけません。

eラーニング研究所に期待される断り方講座

eラーニング研究所が断り方講座を開設するなら、まずはどのような方法を取るべきか研究するでしょう。
マルチ商品の誘いだけではなく、さまざまなケースを想定しそれぞれに最適な方法を研究することで、角の立たないベストな方法がわかります。
eラーニング研究所がベストな方法を見つけることができれば、あとは多くの人に伝えていくだけです。
既存の講座と同じようにeラーニング研究所がもうけることにより、興味を持つ人は増え教えて欲しいと思う人が表れます。
それだけマルチ商品のおすすめをする人は社会全体にはびこっていますから、eラーニング研究所が講座を開設するだけのニーズはあるでしょう。
余計なトラブルに巻き込まれる人を減らすためにも、eラーニング研究所の決断が待たれます。

マルチ商品以外にも使えるeラーニング研究所の断り方講座

どうしても断りたいと思う場面は、マルチ商品をおすすめされたときだけではありません。
たとえば女性なら、興味がない男性から言い寄られることはあるでしょう。
こうしたお断りも非常に難しく、角が立たないようにしなければいけません。
はっきりと伝えると逆ギレされる可能性もマルチ商品のときと同じくあるので、相手を傷つけないように賢く対処しなければいけません。
eラーニング研究所では、こうした恋愛で起きるパターンについても考えています。
相手の男性を傷つけず断りながら諦めさせる、これができれば恋愛の上級者にもなれます。
恋愛上級者を目指す女性も、eラーニング研究所への加入を考えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。