長友佑都さんが広告塔になっている株式会社イー・ラーニング研究所

今でこそ、インターネットを使った勉強法(eラーニング)が主流になっていますが、株式会社イー・ラーニング研究所が創業した当初は、CD-ROMを郵送するという方法を取っていました。

当時においてもインターネットは大分普及していましたが、データのみをネットで販売するという方法は、まだまだ少数派だったと言えます。

 

株式会社イー・ラーニング研究所がオンライン型の通信サービスを行うようになったのは2007年になってからです。

サービス名「フォルスクラブ」として、多くの方に質の高い教育を届けられるようになりました。

今ではスマートフォン対応のゲームアプリも提供しています。

 

株式会社イー・ラーニング研究所は大々的にテレビCMをしていませんので、フォルスクラブは知る人ぞ知るeラーニングと言えるかもしれません。

少なからず宣伝をしており、アンバサダー(広告大使)の長友佑都さんを覚えている方は居るかもしれませんね。

一見、eラーニングとスポーツは何の関係もありませんが、長友佑都さんのようなスポーツ選手を商品PRに使うことは、フォルスクラブに限らず様々な場面で見かけると思います。

長友佑都さんのオフィシャルブログにおいても、いくつものスポンサーのバナーが貼られていますよね。

 

株式会社イー・ラーニング研究所は創業13年足らずの企業ですが、eラーニングという分野も21世紀になってから広まった学習スタイルです。

ある意味パイオニアのような企業として、これからも多くの方にeラーニングを提供していくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。