イーラーニング研究所の決算方法

イーラーニング研究所は様々な事業を行っています。
扱う媒体も多種多様になるため、その利用料金の支払い方法も多様化しています。

金銭取引ですが基本的に2種類あります。
物質である紙幣・貨幣を使うものと、データ上でお金を移動させるものです。
後者でしたら、自動引き落としや口座振り込みなどがソレにあたります。
ビットコインによる支払いもそうですよね。
株式取引も大体そんな感じになります。
そしてイーラーニング研究所は電子データをメイン商材にしていますので、
利用料金の支払いは必然的に後者です。
ちなみに、塾のように教室を構えるのでしたら、現金で支払うことも可能かもしれませんが、
子供に現金を持たせるのはとても怖いので、
大抵のところは銀行振り込みや自動引き落としだと思います。
給食費もそんな感じですよね。

そして支払方法はいくつもあります。
銀行振り込み、自動引き落とし、代引きなどがありますが、
イーラーニング研究所は「かんたん決済」のサービスを利用できるようにしました。
キャリアによってサービス名は変わりますが、
要はスマホ利用料を一緒くたにして清算させてしまうというものです。
一々、振込用紙に記入する手間が省けますので、
気軽に課金することが出来ると人気を集めています。

お金の扱い方はかなり多極化していると言えます。
ほんの20年前までは現金とクレジットカードしかありませんでしたが、
今ではPASMOのようなマネーカードが主体になりつつあります。
Tカードもかつてはポイントを貯めることしか出来ませんでしたが、
今ではマネーポイントを貯蓄できるようになりました。
しかしこうしたマネーカードが増えすぎてしまい、
買い物客はちょっと不便を感じているでしょう。
筆者も3種類のマネーカードを常に持ち歩いています。
日本通貨のように、どれか1種類にまとめてくれないものでしょうか。
住民基本台帳カードとかに統一してくれないものでしょうか。
そうなれば、イーラーニング研究所の支払いはさらに楽になるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です