フォルスクラブタブレットの防御力が気になる

フォルスクラブタブレットはどれだけ頑丈なのでしょうか?
流石に銃弾を防げるとは思いませんが、最低でも、
アスファルトに叩きつけてもヒビひとつ入らない強度が欲しいところです。
クワガタに挟まれても大丈夫なタブレットの需要はかなり高いと考えます。

フォルスクラブタブレットを何歳児が扱うかは分かりませんが、
子供というのは完全にデストロイヤーです。
障子があったら穴を開けますし、
ガラス製の何かがあったら容赦なく叩き割ってしまいます。
有価証券や土地の権利証なども容赦なくビリビリに破いてしまいますので、
それらは必ず子供の手の届かないところに保管する必要があります。
それゆえ、フォルスクラブタブレットにもそれなりの頑丈さが必須と考えます。

ところで皆さんはタブレットをどんな感じでタッチしますか?
人によってはパンチングマシーンで計測できそうな運動エネルギーを
タブレットに叩きつけている方も居そうです。
子供はそのあたり容赦ありませんので、
かなりの衝撃をタブレットに与えるのではないでしょうか。
あまりに強く叩きつけてしまい、
モニターを割って手が血だらけになってしまうかもしれません。
分別の付かない子供にフォルスクラブをやらせる場合は、
親御さんが必ず見守る必要があると言えます。

幼児の腕力は甘く見てはいけません。
意外と知られていませんが、
幼児は自身の腕の力だけでぶら下がることができるほど、力強いのです。
フォルスクラブタブレットくらい、簡単に叩き壊してしまうでしょう。
こうした電子製品は非常にデリケートであり、外装もまたそこまで頑丈ではありません。
頑丈さをとことん追求するとなると、その分重くなってしまうため、
実用度が遠ざかってしまうかもしれません。
限られた予算内で絶対に壊れない機械製品を作るのは、
いつの時代も悩まされる事案だと言えます。

衝撃に強い製品を作るなら、中身の構造を簡素にするのが良さそうです。
セルロースの集合体である木製の積み木をどんなに乱雑に扱っても壊れたりしないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です