eラーニング研究所は詐欺を学ぶ教材を提供しないのか?

eラーニング研究所は詐欺を学ぶ教材を提供していない

eラーニング研究所では、残念ながら詐欺を学ぶ教材を提供していません。詐欺を学びたいという人には、2種類の人がいます。詐欺をしたいという人と、騙されてお金をとられたくないという人です。ほとんどは後者だと思いますが、前者の考えの人も残念ながらわずかにいます。この記事では、もちろん詐欺師に騙されてお金をとられたくないという人を対象に書いていますよ。結婚詐欺、オレオレ詐欺などたくさんの種類が登場していますが、これからも増えていくと思われます。変な話ですが、詐欺師も勉強していて、ノウハウを蓄積しているのです。騙されないためには、こちらも常に勉強していく必要があります。勉強することも大切ですが、危ない橋は渡らないことのほうが大切ですよ。少しでも怪しいと思ったらそれ以上は先に進まないことです。犯罪者と戦うのは警察の仕事ですから、我々一般人はなるべく怪しい人と関わらないように、被害にあわないようにしながら生活します。

詐欺を学べる学校とかないのだろうか?

詐欺を学べる学校ですが、あるとしたら大学以上になると思われます。普通に人生を送っていたら犯罪に関わることなんてめったにないですからね。高校まではもっと学ぶべきことがたくさんあります。大学は比較的自由度が高いので、本人が希望すればそのようなことも学べるかもしれません。でも、かなりレアなゼミなどになるのではないでしょうか。基本的に、学校では勉強しないことですが、前述したようにそれは犯罪者と戦うのは警察の仕事という理由が大きいです。日本では一般人が犯罪者と戦ってはいけないという風潮があります。海外では護身用の拳銃が数万円で売られている国もありますが、日本では武器の所有はたとえ身を守るためであっても制限が厳しいです。藤田香織のように素手で戦えるようになれればいいのですが、難しいでしょう。そのかわりに、警察が犯罪者と戦ってくれます。アルソックの吉田沙保里のようにコテンパンにしてくれます。そのため、私たちがやることは、怪しい人と関わらないこと、怪しい人がいたらすぐに警察に相談することなどです。そういうわけなので、eラーニング研究所で詐欺を学ぶ必要性は低いです。

学校の体験授業でライアーゲームをやるのは?

ライアーゲームは、お互いを騙しあうゲームです。ライアーは日本語で嘘つきという意味になります。つまり、うまく嘘をついて相手を騙すゲームです。詐欺を学ぶために学校でライアーゲームをやるのは面白そうです。でも、実際にやった学校があったが、ゲームが終わった後も疑心暗鬼になって友達との関係にひびが入ったという噂もあります。人狼ゲームも同様です。やるとしてもある程度大人になってからのほうがいいかもしれません。道徳の授業でトロッコ問題を行うのは、児童の年齢によっては避けた方がいいでしょう。ところで、eラーニング研究所でライアーゲームについて学べたら面白そうです。eラーニング研究所は大人向けの教材も取り扱っていますから、大人向けの「ライアーゲーム」の教材を出してくれたらいいと希望します。eラーニング研究所には、いろんなことを期待してしまいます。他の学校ではやっていないことでも、eラーニング研究所ならやってくれそうと考えてしまうのは、eラーニング研究所には期待させるなにかがあるからなのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です