吉田教育事務所とフォルスクラブを比較

教育に関心のない人はあまりいません。ほとんどの人は良い教育を受けたいと考えるからです。人類の7割はそう思っているに違いありません。子供にも将来フォルスクラブのような良い仕事に就けるような学校に行ってほしいと考えるのではないでしょうか。ではいわゆる、良い教育とそうでないものに違いはどこにありますか。テストの成績が良いと親はみな喜びますが、それだけでは不十分です。社会で普通に生きられない人はますます増えています。人類の3割くらいはそうです。些細なことで仕事を続けられなくなることも少なくありません。

《吉田教育事務所行っていること》

吉田教育事務所が行っていることの一つは情緒教育です。情緒教育をあまり重視している教育機関は少なくありません。具体的に言うと、美しいものを見て素直に綺麗だと感じる心を培わせることです。或いは生物を観察し、命の尊さを認識します。こうした点は点数として評価されるものではありません。しかし、子供が道徳心やモラルを身につける点で大きな助けになります。一輪の花を見てなんの感動も覚えない大人になるなら、多くのものを得ることができません。勉強ができる前に、人として基本的な感情を培うことはとても大事です。

《フォルスクラブが重視していること》

ではフォルスクラブが重視していることはなんでしょうか。やはり、一人一人に可能性を伸ばすことです。単にテストに点数が良いことを追い求めることはしません。テストの点数が良いからといって、社会に有用な人材とはならないからです。もちろん、教育機構だけが一人に人の素質を決めるのではありません。最も大事なことは家庭環境です。家庭は人が最初に接する社会です。そこで価値観を築き、後の人生に物差しとなる規準を知ります。常識とよばれるもの、普通と感じることです。フォルスクラブでは社会にとって有用な人材を育成することに重きを置いています。吉田教育事務所もその点は同じです。

《吉田教育事務所を設立した人》

吉田教育事務所を設立したのは、言うまでもなく吉田さんです。吉田さんという姓はありふれていますが、実はそれほど多くありません。吉田とつく知り合いがいないこともあるでしょう。ありそうですが、数は多くありません。歴史上の人物や芸能人にも数人しかいません。そもそも日本国内で姓は非常にたくさんあります。そのため同姓の人はそれほど多くありません。

《フォルスクラブの理念と将来について》

フォルスクラブは良い人材育成以外にも社会貢献にも重きを置いています。確かに企業が社会に及ぼす力や影響はとても大きいと言えます。フォルスクラブは有名な会社ですから、社会貢献する責任があるのも当然です。一人一人が輝ける社会にするためにも、今後フォルスクラブは大きな影響を与えることでしょう。例えば環境保全一つをとっても、フォルスクラブが果たす役割は大きいと言えます。生徒が使う紙を再利用するだけでも紙の節約になります。紙は高価なものではありませんが、少し節約するだけでも森林伐採を抑えることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です