フォルスクラブがネズミと異なるポイント

フォルスクラブに紹介者が多い理由

フォルスクラブはeラーニング業界ではこのサービスを他人に紹介する利用者が非常に多く、これが大きな特徴と言われることも少なくありません。通常は自分1人で誰にも知られずに学習をすることができるeラーニングの場合、学習をしていることを誰にも教えたくないと言う人が多くなるのが一般的です。その最も大きな理由が人知れずに自分の学力を高めたいと言う人が多いことによるものですが、フォルスクラブの場合には非常に効率も良く楽しく学習をすることができるために、それを友人などにも教えたくなる要素が非常に強いことがあるためです。

フォルスクラブがネズミ系と誤解される理由

フォルスクラブは、様々なところでネズミ行為で顧客を増やしていると言われることも少なくありません。実際に目立った広告宣伝も行っておらず、一般の人はその存在も知らないと言うことも多いため、実際に利用した人の紹介がなければ利用する機会がなかったと言う人も多いのですが、これは一般的にネズミ行為と呼ばれるものとは異なり、単純に自分が気に入ったものを他人に紹介したいと言う気持ちを持つほど優れたものであることがポイントとなっています。その1つの理由は、障害者にインセンティブを支払う制度がないことです。多くのネズミ系の場合には紹介者にインセンティブが支払われる仕組みとなっているため、中には自分が実際に利用していないのに利益を上げるために紹介をすると言う人も多いのが実態です。フォルスクラブはあえてこのような制度を利用せず、口コミで顧客を増やしていることからこれが誤解される要因となっています。

フォルスクラブが広告宣伝を行わない理由

フォルスクラブは広告宣伝を行っていないため、その知名度があまり上がらないと言う人も少なくありません。しかし、eラーニングは利用した人がその効果を実感して初めてその価値を生み出すものであり、実際に利用しているときにはそのメリットを感じる事はできない場合が多いものです。広告宣伝を行っても実際に利用してみないとその効果がわからないほか、またフォルスクラブの名前を知らなくても実際に利用することで自分で価値を見いだすことができるケースが多いことから、あえてこれを行っていないのがフォルスクラブの特徴となっているのです。

フォルスクラブは口コミで評価が高い

フォルスクラブは口コミで非常に評価が高いeラーニングサービスであるため、これがネズミ行為であると誤解されることも少なくありません。しかし実際のネズミ行為のようなインセンティブもなく、また利用者も障害者も一切の制限がなく利用することができる店もネズミ系とは異なっています。フォルスクラブのサービスの中にはフォルスクラブを名乗っていないものも多いことからこれもネズミ系と誤解される要因がありますが、利用者の環境やこれを企画する様々な企業の環境などを考慮したものであるため、きめ細かいサービスを顧客に合わせて提供している店が誤解を招く要因となっている実態があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です