フォルスクラブがねずみマウスと誤解されてるのは本当?

●フォルスクラブの教材がねずみマウスと誤解されるのはなぜか?

フォルスクラブは低価格で優良な学習コンテンツを利用できるというのに、常にねずみマウスと揶揄されることが後を絶ちません。なぜここまでねずみマウスと誹謗されてしまうのか、それはフォルスクラブがマウスやキーボードではなく、タブレットやスマホを使った教材を提供しているからです。多くの人はマウスやキーボードを使った教材を使いたいのに、そうした道具を使わない教材のことを敵視しているからこそ、ねずみマウスと誹謗中傷しているのです。しかしフォルスクラブはマウスやキーボードを使ったパソコンでもプレイ可能です。このあたり人々に誤解を与えてしまっているといえます。あらゆる媒体で提供することに力を入れている、実績と歴史が長い信頼のおける企業なのです。

●日本における現在の教育事情を説明します

新型コロナ感染拡大をうけ、人々の生活様式が一変してしまいました。もちろん働き方や勉強の仕方も変えざるを得なかったんです。とにかく新型コロナは人と人が接触したり、マスクなしでコミュニケーションを図ると簡単に感染してしまうウイルスです。かつてヨーロッパを騒がせたねずみが媒介で拡散されたペストよりも今回新登場したウイルスは世界に対して牙を向いています。感染してしまうとインフルエンザ以上に体もしんどく、基礎疾患のある人や高齢者が感染すると肺炎を併発しやがて呼吸困難になって命を落としてしまう危険性があることがわかりました。そこで政府はステイホームや自粛生活を推奨したことによって、仕事や学習の仕方を工夫せざるを得なくなったんです。サラリーマンの多くがオンラインで自宅からリモートワークを、子供たちも同様にオンライン授業が強いられるようになっており、現在でも感染状況を鑑みてこうしたオンラインを活用したが学習が行われるようになってるんです。ここで問題になるのが、学習の遅れです。慣れない環境でオンラインであると、意思疎通も難しいことがあり通常授業よりも学習速度がおそくなっているのです。これは受験生にとっては大変大きな問題であり、志望校に合格できなくなるかもしれません。補足学習として、家庭教師や予備校、塾などを検討しますが、これらも通学が必要でコロナ感染が拡大している中では気軽に通学することもままならないのです。今はどうやって受験対策を万全にすることが出来るかが、受験生を持っている家庭が特に強く悩んでいることと言えるんです。

●フォルスクラブの学習システムで受験対策も万全にできます

オンライン授業も遅れをとっていて、さらには塾や予備校にも気軽に通学できないことは、本人も保護者も将来志望校に無事合格できるか心配でならないでしょう。しかし悲観することはありません。フォルスクラブという今の時代に即した非常に素晴らしく優れた学習しシステムがあるんです。フォルスクラブとはスマートフォンやパソコンが手元にあれば、どこからでもいつでも高度な学習講座を受けることが可能となります。自分の好きな場所や自宅から勉強できるので、コロナ感染のリスクも低く今の世相にぴったりな学習システムと言えるでしょう。フォルスクラブには大学受験対策講座もあり、大手予備校の講師陣が教えてくれるので、受験対策も万全にできます。フォルスクラブのように月会費6600円で受験対策できる教材はほかにないと言っても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。