フォルスクラブはネズミが媒介で広がる黒死病とは関係ありません

●日本の教育事情と実態についてご紹介します

日本はこの三年間で生活様式が大きく変わってしまいました。それはあるウイルスによって生活様式が激変されたんです。そのあるウイルスとは新型コロナウイルスのことなのです。インフルエンザウイルスと違って、人類初の新種のウイルスであり、感染するとどのような症状が出るのかどうなってしまうのかわからず世界中が困惑しました。ネズミが媒介で広がる黒死病はまだ症状が目で見えるため対処が可能でしたが、コロナウイルスは無症状でも感染能力を持ち、さらに潜伏期間が長すぎることで人類史上最悪のウイルスへと台頭してしまったのです。さらにワクチンも治療薬の特効薬もないないために、人々は原始的なマスクやアルコール消毒でしか対処することができなかったんです。今でもネズミ(マウス)を使って有効な対処方法の実験は続いています。そのため飛沫感染やエアロゾル感染で一気に感染が広がっていき、高熱や咳に下痢などに苦しむ人が増えていったのです。とくに高齢者や基礎疾患のある人が感染すると、重症化し呼吸困難で命を落とす確率が高いことが分かりました。肺炎患者も多数犠牲になりました。そこでステイホームや自粛生活が政府によって強いられ、仕事や学習の仕方も見直されるようになっていきました。リモートワークを多くの企業が取り入れ、授業もオンライン事業を開始するようになったんです。しかし学生にとって慣れない自宅で遠隔での学習は、思いのほか学習が進まず問題が浮き彫りになっていきました。特に受験を控えた学生は授業が遅れることで、受験に失敗してしまうのではないかと心配になっています。

●コロナ禍だからこそフォルスクラブの学習システムをお勧めします

コロナ禍では学校にも気軽に通学できなくなってしまいました。当然のことながら学校の授業を補足する塾や、受験対策の予備校にも通うことができなくなってしまったんです。そのため受験生はますます規模する学校に合格することが出来るのだろうかと心配になっているわけです。そうはいっても来るべき受験のために勉強し対策を講じなければなりません。そこでおすすめしたいのが、フォルスクラブという学習システムなのです。フォルスクラブの学習システムは自宅にいながらパソコンやスマートフォンを使って、いつでも好きな時間に何度でも学習することができます。フォルスクラブでは大学受験対策講座も存在し、人気予備校の講師が授業をしてくれるのです。録画なので何度でも見て副守することも出来、効率よく学習することが出来るんです。特筆すべきはその学費の安さです。フォルスクラブは入会金1万円と月額6600円で利用できます。高校生向けのイーラーニングや単語帳などスマートフォンで気軽に簡単に勉強できるシステムもあるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。