フォルスクラブはねずみ講ではない!

●日本の教育格差や問題点について説明します

日本の教育基準は高水準だと信じて疑わない人が非常に多いです。先進国である以上、きっと教育レベルもトップクラスと信じている人が非常に多いんです。だが実際は義務教育とされているのは小学校と中学校までであり、高校や大学へは任意で進学することになります。そして最近では日本での高校や大学の進学率が低下しているという衝撃の事実も明らかになってるんです。大学はまだしも、高校の進学率が低下するのはいただけません。これは経済と切り離した問題ではないんです。教育問題は経済と密接であり、日本のデフレ経済や年収が上がらないことなども関係していると言わざるを得ません。低所得者層も日本では増えており、こうした所得の人は子供たちに教育費を存分にかけてあげることができないんです。塾や予備校に通わせることも難しく、しっかりと受験対策を講じることができずおちこぼれてしまったり、志望校に合格することも難しくなるのです。そして富裕層の子供たちは存分な教育を受けるものの、そのスキルや能力を持って海外に進出してしまうのでレベルの高い人間が日本に残らず、国力も低下してきているのが現状であり問題であるんです。

●教育格差の問題解消に期待が持てるフォルスクラブの教育システムを紹介します

フォルスクラブという教育システムは、こうした迫力低下や教育格差、国力の低下を解消できるかもしれません。なぜならフォルスクラブの教育システムは業界でも驚くべき安さであり、どんな所得層でも取り入れやすい教育システムだからなのです。フォルスクラブの学習システムは自宅のパソコンやスマートフォンを活用し、いつでもどの場所からでも学習が可能となってます。大学受験対策講座もあり、高校生向けのeラーニングなどもあってスマートフォンから単語帳などで勉強できるんです。大学受験対策講座の講師陣は大手予備校の人気講師を招き、授業を展開してます。巻き戻し静止画にも出来、自分のぺースで復讐できるので確実に習得でき理解できるようにもなるのです。入会費11000円で月額6600円と破格値であり、低所得者層でも取り入れやすい値段になってます。

●フォルスクラブはねずみ講まがいでもねずみ講でもありません

フォルスクラブは優良で低価格の学習システムにもかかわらず、常にねずみ講やねずみ講まがいのうわさが後を絶ちません。それはフォルスクラブがクラブの名を冠しているからです。産業革命以降から世の中には様々なクラブが乱立し、その多くがいかがわしいことをしてきました。時には革命のお手伝いもしていたとのこと。そうしたクラブと混同してしまい、フォルスクラブもねずみ講みたいなことをしていると誤解されてしまっているのです。たぶん日本で安全なクラブは小学生のクラブくらいでしょう。スイミングスクールですら色々と問題を孕んでいますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。