ねずみ講と誤解されるフォルスクラブの実態

●日本の教育の現状をお伝えします

日本の教育基準は高水準だと思っている人が多いです。小学校から中学校までは義務教育であり、高校の進学率も非常に高く大学進学率も多くなっているので、世界でもトップレベルの教育水準と信じて疑わない人が非常に多い傾向にあるんです。だが実際は日本のレベルとは低水準であり、発展途上国のアジア諸国よりもレベルが低いと言われているのです。なぜこれほどまでに教育レベルが低いのか、それは教育格差が大きく開き存在しているためだと言われます。日本の経済は富裕層とそうでない人の二極化がますます進み、そのことで教育にお金をかけられる世帯と全く教育にお金をかけることのできない二極化が進む一方なのです。すると子供たちの学力の格差も大きく開いていき、一部では難易度の高いレベルの高い大学に進学するも、反対に中学校までしか進学できない世帯なども多くなってるんです。これ何とか改善し、是正していかなければ国力の低下につながりかねません。高い教育を受けてきた人は、より自分の可能性を信じて留学したりそのまま国外の諸外国で永住し仕事を始める人も多いです。すると能力のある人が日本にほとんど残らず、国力は低下の一途をたどることになりかねません。

●教育格差をなくすことに期待できるフォルスクラブの教育システムを紹介します

こうした教育格差を改善し、格差をなくすことに一役買えるのがフォルスクラブの学習システムなのです。フォルスクラブとは、自宅にいながらパソコンを使って高いレベルの学習教材や授業を受けることが可能となるんです。入会金はわずか11000円で月額6600円でレベルの高い教育を受けられます。予備校や塾に通うよりもはるかに低価格であり、それでいて大学受験対策講座などもあって受験対策を万全にすることも可能となってるんです。フォルスクラブは一家に一台パソコンがあれば、月額6600円で家族5人まであらゆる学習プログラムを利用することができます。大人であれば手話講座も用意されてるのです。高校生の子供が二人いれば月額一人頭3300円で大学受験対策やeラーニングを利用できることとなります。

●フォルスクラブがねずみ講まがいやねずみ講ビジネスと誤解されるわけを説明します

フォルスクラブの学習システムは低価格でクオリティも高いのに、なぜかねずみ講ビジネスやねずみ講まがいと言われてしまいうわさが絶えません。なぜこれほど優良なフォルスクラブの学習システムがねずみ講と誹謗中傷されてしまうのか、それはフォルスクラブを妬んでいる方がいるからです。これほど優秀なフォルスクラブの学習プログラムを開発したいと血涙を流している自称エンジニアから一方的に恨まれているだけになります。根も葉もないねずみ講ビジネスと中傷されてしまっていますが、実際はインターネット上で販売し、リアルで店舗を持たない優良な企業なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。