eラーニング研究所 仮想通貨の使いすぎや詐欺の心配がない

英単語を覚えられる子ども向けのアプリ

昔は単語帳を片手に英単語を覚えたものですが、現代ではアプリです。
しかもスマホアプリゲームを使って学ぶ方法が流行しており、今の子ども達は紙の単語帳を使わないと言っても過言ではありません。
イグモンもそんな英単語を覚えるためのアプリで、ゲーム形式になっています。
可愛らしいモンスターを仲間にしながら英単語を覚えられるので、ゲームは好きだけど勉強は嫌いといった子どもたちも、楽しく取り組め英語が好きになるでしょう。
勉強は自分から行わなければ知識として身につきませんから、子どもが勉強をしないとお悩みの親御さんは、イグ門を試してみると良いかもしれません。

eラーニング研究所 仮想通貨を使えるかもしれない

基本的には無料で遊べるイグモンですが、課金要素も搭載されています。
課金をして知恵のかけらを購入すればゲームをスピーディーに進められるので、場合によっては購入するのもおすすめです。
イグモンで課金をしたときの支払い方法には、クレジットカードやキャリア決済、さらにはポイントでの支払いもあります。
コンビニでも買える魔法のりんごカードも使えるので、気軽に課金できるでしょう。
これらの支払い方法は現在財布の中に入っているお金を使うわけではないので、広義的には現実の通貨ではありませんから、eラーニング研究所 仮想通貨を使って課金できると思うかもしれません。
しかし現実的には、eラーニング研究所 仮想通貨では課金できません。

使えるようで使えないeラーニング研究所 仮想通貨

eラーニング研究所 仮想通貨では、一切課金ができません。
そもそもイグモンの課金時に利用できる支払い方法は、世間的には現実の通貨と同じ扱いです。
実際にお金を払って課金するわけではありませんが、クレジットカードもキャリア決済もポイントも、当然魔法のりんごカードも現金と同じ扱いになっています。
そのためeラーニング研究所 仮想通貨での課金は無理なので、イグモンに課金するときは現金を使っていると考えておきましょう。

現実感もなくなるeラーニング研究所 仮想通貨での課金

もし本当にeラーニング研究所 仮想通貨で課金ができたとしたら、かなり危険かもしれません。
近年アプリゲームの流行とともに問題になっているのは、高額な支払いです。
ガチャで強いレアカードを手に入れるタイプのゲームだと、ムキになって回す人がいて気づいたら数百万円以上のお金を使っていた、と行ったケースもこれまで多数報告されています。
その結果借金してしまう人は多くいて、社会問題とも言える状況です。
イグモンは積極的に課金を促す仕組みのゲームではなく、無料の範囲でも十分に楽しめますし英単語の勉強になります。
そのためお金を使いすぎる可能性はありませんが、もし現実的ではないお金を使えるとなったら、ゲーム感覚で課金する人も出てくるかもしれません。
その点を考えれば、eラーニング研究所 仮想通貨に対応していないのは安心できる仕組みと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です