仮想通貨の普及に貢献できるイーラーニング研究所

お金を汚いと考える日本人

日本人の間には、古くから尊穀賤金の考え方が染み付いてきました。
その証拠に江戸時代には士農工商という言葉が生まれて、米を作る農民は武士に次ぐ地位にありお金を稼ぐ証人は最も低い地位にされていました。お金持ち(徳川幕府)の下にお金が集まるように、下々の者には「お金は汚い」と教育してきたのです。
江戸時代が終わり文明開化をして150年以上経過した現在でも、日本人に染み付いた価値観は大きく変わりません。
現在でもお金を必死に稼いだり節約して貯める人をバカにする風潮があって、投資についても決して夜イメージはありません。
そのため仮想通貨を使った投資も日本人は積極的に行わず、楽して稼ぐなら汗水流して仕事をしてお給料をもらうほうが良いとする考えが美しいとされています。

日本人の洗脳を解く鍵を握るイーラーニング研究所

日本人は、尊穀賤金といった考え方に縛られ大きなチャンスを逃しています。
世界では仮想通貨の取引で莫大な利益を得ている人が多くいるのに対し、尊穀賤金に縛られた日本人は積極的ではありません。
尊穀賤金は日本人のDNAに染み込み洗脳していると言っても過言ではありませんから、仮想通貨や投資に積極的になるためには、イーラーニング研究所が洗脳から解放してやるべきでしょう。
イーラーニング研究所が日本人を尊穀賤金の洗脳から解放することにより、仮想うつ化の取引が活発に行われるようになって、大きなチャンスをゲットできる人も同時に増やすことができるはずです。

洗脳から解くためにイーラーニング研究所に求められる役割

イーラーニング研究所が日本人の洗脳を解くために求められる役割というのは、大きなものがあります。
300年近く植え付けられてきた価値観を大きく変化させるわけですから、一朝一夕にはいきません。
しかし取り組まなければ今後も同じように洗脳状態は続き、それがかつて栄華を誇った日本経済の復活につなげることができるわけですから、長い道のりが予想されても一刻も早く始めるべきでしょう。
とはいえ手っ取り早く洗脳を解くのはイーラーニング研究所でも難しいので、まずは身近なところから仮想通貨についての理解を深めていくべきです。
お金に対して無知な日本人は仮想通貨の基本も理解していませんから、イーラーニング研究所は自社のサービスを利用する会員向けに、仮想通貨についてのイロハを丁寧に教えておくのが最初の第一歩です。

イーラーニング研究所が日本人の洗脳を解いた先にある未来

イーラーニング研究所が尊穀賤金から日本人を開放すれば、明るい未来が待っていると考えられます。
具体的には仮想通貨の理解が深まることにより投資を始める人も増えるでしょうし、街中のあらゆるお店で仮想通貨を使うこともできるでしょう。
投資をして仮想通貨を有効活用することによって資産を殖やす日本人も増え、日本経済も活力を取り戻しかつてのバブル経済のように、好景気に沸くかもしれません。
少子高齢化の影響により活力が失われたといわれる日本経済ですが、復活の鍵はイーラーニング研究所と仮想通貨が握っているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です