イーラーニング研究所に開発して欲しい仮想通貨アプリ

日本人の美徳と仮想通貨投資

日本人は、おおっぴらにお金の話をしたがりません。
給料がいくらだとか投資でどれぐらい儲けたかをおおっぴらに話す人は少なく、そればかりか勤め先に給料のアップを交渉したり、奥さんにお小遣いのアップを交渉しただけでお金に汚いと言われてしまうこともあるほどです。
昔から給料は安くてもアットホームで働きやすい職場といった言葉がもてはやされ、これは江戸時代から由来すると言われています。
日本は江戸時代の頃から身分の高い大名は参勤交代により莫大な資金を必要とされ、お金を扱う商人は最も身分が低い存在とされてきました。
こうした仕組みは江戸時代に確立されていましたから、もっと言えば本能寺の変が原因だと言い切れます。

今も続く本能寺の変の影響

本能寺の変といえば、明智光秀が主君である織田信長を裏切ったとして日本史には必ず登場する出来事です。
織田信長が裏切られたことにより豊臣秀吉が台頭し、その後の関ヶ原の戦いなどで徳川家康が勝利し江戸幕府は開かれました。
もし本能寺の変が起こらなかったり失敗に終わり織田信長が生き続けていたら、そのまま天下を統一したでしょう。
そうなると織田信長による幕府が開かれ江戸幕府とは違った歴史が日本では展開されていたわけですから、日本人のお金にたいする考え方も大きく変わっていた可能性は高いです。
今の歴史の流れではイーラーニング研究所も仮想通貨には関わっていませんが、もし本能寺の変がなかったらイーラーニング研究所が仮想通貨に関わっていた歴史があったかもしれません。

仮想通貨の普及に貢献して欲しいイーラーニング研究所に

歴史のもしもを語っていても仕方がないので、今の歴史で仮想通貨が日本でどうすれば広がるのか考えてみましょう。
仮想通貨の普及を考えたときに、大きな力を発揮してほしいのがイーラーニング研究所です。
仮想通貨が広がらない原因の一つは、お金や投資へのネガティブなイメージがあるからと言えるので、イーラーニング研究所が日本人の考え方に染み付いているそうしたイメージを払拭できれば、一気に普及する可能性があります。
具体的には仮想通貨の正しい知識を学ぶ方法をイーラーニング研究所が提供することにより、人々の考え方に変化を起こせるでしょう。

イーラーニング研究所に出して欲しい仮想通貨のアプリ

もしイーラーニング研究所が本当に仮想通貨について学べるサービスをリリースするなら、有り得そうなのがスマホのアプリです。
現在は小さな子どもでもお年寄りでもスマホを持っている時代なので、イーラーニング研究所が仮想通貨について学べるアプリを提供すれば、ヒットする可能性は大いにあります。
スマホアプリの良いところはいつでもどこでも気軽に使えることですから、イーラーニング研究所の仮想通貨アプリも大人気になるのは間違いありません。
日本で仮想通貨の普及を推し進めるためにも、イーラーニング研究所が開発するアプリには注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です