長友佑都選手はeラーニング研究所をスポンサーにしていました

スポーツ選手とアイドルは似ているかもしれません。

共にファンに支えられており、入場料や公式グッズの販売にて、所得を得ています。

お金の稼ぎ方でしたら他にも、スポンサー契約というのがあります。

選手が着ているユニフォームに会社のロゴを付けることで、その選手がテレビに映る度にかなりの広告効果を得ることが出来ます。

1時間の試合中ずっとそのロゴが映し出されれば、その広告効果はかなりのものになると思います。

それこそ、たった15秒のCMとは比べられないと思います。

 

長友佑都選手は一時期、eラーニング研究所をスポンサーにしていました。

長友佑都選手のオフィシャルブログでも、eラーニング研究所(フォルスクラブ)へのサイトのバナーを貼っていた時期がありました。

有名なスポーツ選手になりますと、多くのスポンサーが付くと言うものです。

単純にeラーニング研究所の社長が長友佑都選手のファンなだけというのもありますが、そのあたりの詳細は当人でないと分からないかもしれませんね。

 

今は、eラーニング研究所はスポーツ選手とスポンサー契約を結んでいないそうです。

宣伝にはお金がたくさん掛かりますので、そう簡単に出来るものではありません。

スポンサー契約とは全く違いますが、社会貢献活動は積極的に行っているそうです。

児童施設にタブレットを無償提供したり、スマイルエコプラグラムに参加したりと、様々な活動に取り組んでいるようです。

 

eラーニング研究所はあまり広告にお金を掛けていませんが、取り扱っている商品がニュースになったことがあります。

気になりましたら是非、探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です