フォルスクラブは香港でどこまで通用するか

フォルスクラブで勉強した英語が香港でどれだけ通用するか、多くの方が気にしていると思います。

座学で勉強したことが現地で通用しないことは、それほど珍しくありません。

しかし、フォルスクラブは有名な講師および、海外事情に詳しいスタッフが内容を作成していますので、より実践的な英語を身に付けることが出来ると言えます。

あまり知られていませんが、フォルスクラブに収録されているホームドラマは実際に現地に飛んで撮影しています。

そこが香港とは限りませんが、海外の事情に詳しいスタッフがいることは確かです。

 

運が良ければ、香港で日本語が通用することもあります。

香港は毎年大勢の外国人観光客が訪れていて、その中には日本人が何人も居ます。

また、香港には日系の企業がいくつもあるのが特徴です。

日系人御用達の飲食店でしたら、日本語だけで注文することが出来るかもしれませんよ。

 

フォルスクラブで勉強した英語は世界に通用しますが、中には英語が通用しない所もあります。

一般的に、若い世代はみんな英語を話せますが、ご高齢の方は中国語(広東語)しか話せないことは珍しくありません。

南部の露店などを巡る際は、広東語の勉強もしておいた方が良いかもしれませんね。

 

英語にも方言のようなものがあり、私たちの場合、日本語の影響を強く受けた英語になるそうです。

そして、香港も広東語の影響を強く受けた英語になります。

教科書ではそうした訛りの様な英語を学ぶことが出来ませんので、実際に現地に行ってその違いを体感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です