観光地として人気の香港を楽しむためにもフォルスクラブで英語を習得しよう

香港の商店街は非常に活気に溢れています。

それは看板にも現れており、道路の上にはいくつもの看板がひしめき合っています。

ジャッキーチェンの映画でも、バスの上で格闘しつつ、看板を巧みに使って敵の攻撃を避けるシーンがあると思います。

敵が看板にぶつかるシーンはなかなかコミカルです。

日本にはこうした光景はあまりありません。

むしろ規制している方で、京都市内だと道路上の看板は全面的に禁止されています。

京都らしい景観を壊すのが撤去の理由です。

しかし、香港ではそうした看板の存在が逆に香港らしさを表しています。

色々な文字や色で彩られた看板がありますので、それらを眺めるだけでも楽しめそうです。

 

初めての香港旅行でしたら、旅行会社のプランを利用するのがいいかもしれません。

安全面や言語のことを考えるなら、旅行会社が紹介してくれるお店に行くのがベストと言えます。

特に英語しか話せない方でしたら尚更です。

最近の香港は様々な言語が入り混じっていて、ほとんどアメリカの人種のサラダボウルに近いものがあります。

根っからの香港人をはじめ、中国南部に住む方、マカオから来た人、外資系企業で働く外国人、旅行客など、色々な国の人たちが香港に集結しています。

そして、広東語が主要言語ですが、空港やオフィス街は英語が主体かもしれません。

それゆえ、フォルスクラブで学んだ英語を活かすことが出来ます。

フォルスクラブで英語さえ習っておけば、広東語を一切喋られなくても、無事に旅行することが出来るのです。

 

出来ればホテルや飲食店などもすべて旅行会社が紹介してくれたところを利用したいところです。

そうしたパックツアーなんかを利用するのはいかがでしょうか。

そうしたところは間違いなく、フォルスクラブで習得した英語が通じます。

旅行会社御用達になりますので、英語に秀でたスタッフがたくさん居るのです。

人気の飲茶(ヤムチャ)も是非食べておきたいです。

 

旅行会社の仕事はただ航空券やホテルを手配するだけではありません。

中国語に不慣れな方でも無事に旅行できるようプランを組みます。

中には英語が話せない方のためのコースもあるかもしれません。

通訳を兼ねる添乗員と一緒でしたら、フォルスクラブで英語を勉強しなくても大丈夫かもしれません。

でも、途中で迷子になると大変なので、やはりフォルスクラブで英語を覚えておきたいところです。

 

香港旅行は結構安いです。

4日間滞在しても、10万円以内で収めることが出来ます。

ヨーロッパやアメリカだと、飛行機の往復代だけで10万円掛かります。

香港は距離的に近いので飛行機代は安く、日本人が良く行く観光地として人気を集めているのです。

是非、フォルスクラブで英語を学んで、香港旅行を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です