フォルスクラブでマルチ商法を扱っているのか

マルチ商品の内容を理解しておきたい

フォルスクラブとは無縁ですが、世の中にはマルチ商品と呼ばれるものやマルチ商法と呼ばれるものが存在します。その中でマルチ商品と言うのは簡単に言えば、マルチ商法で扱われているものを意味するわけです。マルチ商法とは、簡単に言えば消費者でつながったビジネスのことで例えば1人の人がダウンを作っていてそのダウンに商品を購入してもらいます。指定された商品を購入してもらうと、そのダウンが購入した商品のうちおよそ3%から5%位がその上の自分にお金が入るわけです。ダウンがたくさん購入すればするほど、自分がお金持ちになると言う仕組みです。そしてその下の人もさらにダウンを作り裾野を広げていけば、上の人が儲かる仕組みになるわけです。もちろん20%から30%といったお金をもらう事は気にほとんどありませんが、5%でも人数が増えればかなりの金額になるでしょう。

通常世の中にあるマルチ商法ではマルチ商品が扱われている

通常は、マルチ商法ではマルチ商品と呼ばれるものが利用されています。例えば、よくあるのは健康食品がこれに該当します。健康食品を扱うことで、いよいよ健康な世の中になっていくわけですがなぜわざわざ健康食品を扱う会社が多いかと言えばその理由はリピートがされるからです。このマルチ商法にも2種類のものがあり、高額なベッドや布団などを販売するところと、健康食品や化粧品などを販売するところがあるわけです。最近のマルチ商法で言えば、健康食品や化粧品を販売するところが増えてきました。なぜそのように、食べ物のような消耗品を利用するかと言えば、それは継続して収入が入ってくるからです。一方で布団等は1つが300,000円や8,500,000円といった高価なものである一方で、再購入ができませんので継続して買い続ける事はまず考えられません。そのため、最近の傾向としては前者の反復継続の商品が利用されるわけです。

フォルスクラブとは一体どのようなところか

ネットの教育を変えようとしフォルスクラブが存在しているわけですが、このフォルスクラブはいろいろな仕事をしています。主に教育教材が中心になり、語学に関して言えばフォルスクラブで英語を教えることができます。いくら英語を教えていても、基本的にその英語の先生が直接マンツーマンで対面して教えてくれるわけではありません。あくまでも、フォルスクラブはネット上を通じてインターネットの商材として販売しているわけです。

フォルスクラブとマルチ商法の関係はどうか

では、フォルスクラブとマルチ商法の関係はどうでしょうか。もし、関係あればそれらの商品をローソンなどに販売しても良いかもしれません。結論から言えば、フォルスクラブとマルチ商法とは一切関係がありません。それ故、ローソンでマルチ商法の商品を販売するといった考え方を前提が崩れてしまうわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。