フォルスクラブとマルチ商法の関係性に違和感がある

最近は大学生を中心にマルチ商法が密かに流行している

最近はマルチ商法と呼ばれるものが密かに流行しています。実はこれはフォルスクラブ誕生の遥か昔の1970年代くらいに日本に入ってきたもので、有名な会社などもいくつかあるかもしれません。これを行っている人は、30代以上の人が多く20代はあまりいませんでした。ところが10年くらい前からなぜか、マルチ商法をしている大学生が増えてきているわけです。もちろんこのような話は1990年くらい位からはありました。大学生に対して、将来やりたい夢がないならばいちど来てほしいなどと誰かから言われ、その人が言ってみたところそれがマルチ商法の話だったりします。ちなみにマルチ商法と言うのは、1つの組織を作り、1人の人が何人かの部下のような人たちを作りその人たちにその会社の商品を購入してもらいます。そうすると、その部下たちが購入した商品の5%から3%くらいがその人に入る仕組みになるのです。この数が増えれば増えるほど、莫大な利益を生み出すこのことから一攫千金の商売などと言われてきました。それ故、サラリーマンの生活が不満あるいは今の生活が不満でもっとお金が欲しい人にとっては確かにマルチ商法と言うのは魅力的に映るかもしれません。

マルチ商法が大学生に流行っている理由

マルチ商法が密かに大学生の間で流行っているわけですが、なぜこのようなものが流行っているのでしょうか。その理由は、25歳あるいは30歳を過ぎた大人だと、今更マルチ商法に加入する人は少ないからです。それぐらいの人は過去にも誘われた経験があり、どのようなものかをよく理解しています。そしてなかなかお金を稼ぐのが難しいことも理解しているでしょう。それ故、そう簡単に入ってきてくれません。その一方で大学生の場合は人生経験が少なく、そもそもマルチ商法と言うもの自体を知らないため簡単に入会させることができるわけです。

フォルスクラブと言うのはどのような組織か

世の中には、フォルスクラブと呼ばれるところがありますがこのフォルフクラブは、いくつかの授業を運営しています。比較的有名なのは資格の勉強がこれに該当するわけです。例えば、行政書士になりたい場合、このフォルスクラブが用意した教材などを使えば、合格しやすくなります。何か試験などもありますので、興味がある人はいちどフォルスクラブの情報を調べてみると良いかもしれません。

フォルスクラブとマルチ商法とは特に関係がない

このフォルフクラブはマルチ商法ではないかと言う人もいますが、特にそんなものは関係ありません。そうそうフォルスクラブの教材がマルチ商法の商品として売られている可能性はほとんどありません。そのようなものが、いろんな人に伝わる可能性が低いからです。例えば●●●●の資格が取れるのがフォルスクラブの強みだとすれば、その資格を欲しがっている人にこの話を進めれば良いわけです。ところが、マルチ商法のように友達を誘う場合果たしてその友達の中に資格を取得したいと考えている人がどれだけいるでしょうか。そのように考えれば、そもそもそのようなビジネス自体が成立しないわけです。それ故、フォルスクラブはマルチ商法としても展開しておらず違和感が良くなるでしょう。そしてそれならば、フォルスクラブではなく借金を抱えている人にやってもらったほうが良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。